トイレリフォームとは

都市部で生まれ育った40歳以下の方は、汲み取り式トイレがどのようなものか知らないかも知れません。
東京23区でも、40年前までは汲み取り式が一般的でした。
定期的にバキュームカーが来て、外の汲み取り穴から吸い出していました。
そのため落下の危険や悪臭、虫の発生などトラブルが絶えませんでした。
現在も水洗化がされていない地域があります。
下水道などインフラの整備は地域や町村の規模によってもことなりますが、簡易水洗式にトイレリフォームすることは可能です。


また、地域は水洗化が進んでいた場合でも、水洗化される前の古い家屋の場合は水洗トイレにする場合個人でトイレリフォームしなければなりません。
しかしながら、床の張り替えや便器の設置などの工事費用は決して安価ではありません。
平均で60万円から80万円はかかります。
ただし、市区町村で補助金制度が儲けられているところもありますので、費用負担はいくらか軽減されます。
衛生面や安全性を考えると、水洗トイレへのリフォームは必要不可欠と思われます。
補助金についての詳細は、各市町村に問合せをすることをお勧めします。


下水道が完備されていて水洗トイレにする事が可能な場合と、下水道が完備されていない場合ではリフォームの方法が異なります。
前者は下水道までの距離が費用に関わってきます。
後者は基本的には汲み取り式のままですが、簡易的に様式便器を取り付ける事で水洗トイレにする方法です。
いずれも工事には日数がかかるため、その間トイレは使用できなくなる日があり、簡易トイレを設置するなど対処が必要です。


より清潔で快適な生活にはトイレのあり様はとても重要です。
このサイトが現状を改善するきっかけとなることを願います。

Copyright © 2014 水洗へトイレリフォーム! All Rights Reserved.